お金の貸し借りは人間関係が壊れる

Posted by kin4kyo - 1月 20th, 2017

お金の貸し借りとは無縁でしたが結婚し子供が産まれてから、親に数十万貸してほしいと言われました。驚きましたが仕事で必要ですぐに返すとのこと。親がお金を貸してほしいなんて思ってもいなかったのでショックでしたし、主人に相談することも恥ずかしかったです。

思い切って主人に相談すると、返してもらえるんだし困っているときは助けてあげようと言ってくれたので貸しました。家計に余裕があるわけでもなく、子供の為の貯金をおろして渡しました。

返してもらう予定の日、何も連絡がありませんでした。連絡をすると、もう少し待ってほしいというだけでした。そして、何日待っても連絡が無いのです。長い月日をかけて話しましたが返してもらったのは半分。主人にも子供にも申し訳ない気持ち、信頼していた親に裏切られた悲しみや怒りで、当時は精神的におかしくなりました。

幸い主人が優しい人だったので救われました。主人は「お金を貸すときは返ってこないと思わなかった自分たちも悪いんだから、勉強になったと思おう」と言ってくれました。私は、もう人にお金を貸すのはしないことを決めましたし、親にも「返してもらわなかったんだからもう一生貸せない」と言いました。

今は親とは普通に関わっていますが、心の中では信用できない存在です。偉そうなことを言われると、言える立場じゃないだろと思ってしまいます。お金の貸し借りがなければ素直に聞けたことも聞けなくなります。

お金は、絶対返す誠意があればどうしてもというときは借りてもいいと思います。しかし、お金を貸す側も借りる側もお金以上のものを失うかもしれないことを考えたほうがいいと思います。

今の時代では、カードローンでもすぐにお金を借りれるので、身内ではなく金融会社から借りるというも手なのかなと思います。
すぐに借りれる!※キャッシング・消費者金融・カードローン

タグ: